〒862-0946 熊本県熊本市画図町所島135-1
TEL:096-379-3888 FAX:096-379-6001
診察・検査の予約に関して

熊本市の脳神経外科/内科/消化器内科/内視鏡/胃カメラ/大腸検査/頭痛//物忘れ/脳卒中/めまい/訪問診療

ピロリ菌について

入院のご案内 特定健診
Mobile 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
毎月1日発行 院内誌 えんゆう 病気の事や、医院情報はもちろんのこと、脳トレや肥後狂句など楽しい内容が満載!院内にも置いております。記事の内容はコチラ
HOME»  ピロリ菌について

ピロリ菌について

 ピロリ菌というと、胃に住み着いて胃潰瘍や胃癌と関係あることはご存じの方も多いのではないでしょうか。ピロリ菌の感染率は年齢が上がるほど高く、その人が生まれた衛生状況が関係しており50歳代で50%以上といわれています。以前から胃・十二指腸潰瘍や胃癌・リンパ腫などは、除菌が保険でできていました。それが。2013年2月から慢性胃炎も保険で除菌できるようになりました。それは言い換えると日本国民の半分近くが対象になるという画期的なものでした。その根拠となったのが、ピロリ菌を除菌すると胃癌発生が1/3に減少したという報告です。つまりピロリ菌を除菌することにより胃癌発生を予防できることが証明されたのです。(※予防効果はありますが、治癒・改善効果はありません)
ピロリ菌の検査法は、①内視鏡での迅速ウレアーゼ試験 ②採血での抗体法 ③尿素呼気試験などがあります。当院ではいずれの検査法も可能で、現在の状況や内服によって適した方法を選択します。また、健診などでも半年以内の内視鏡検査で胃炎が証明されていることも除菌の条件になります。(健診やドックの結果に〝慢性胃炎〟や〝萎縮性胃炎〟とかかれています)
除菌は朝・夕のお薬の内服1週間です。1回で除菌できる方が70%、2回目までで除菌できる方が95%です。(3回目は自費診療になります)
病気は早期発見早期治療が大切ですが、喫煙や多量に飲酒しているなどでない限り予防をできるがんは数少ないです。ピロリ菌の除菌に興味がある方は気軽にお声かけ下さい。

ピロリ菌に関するQ&A

ピロリ菌の除菌とはどのようなことをするのですか?
1週間のお薬の内服です。具体的には、1種類の胃薬と2種類の抗生剤の合計3剤を同時に1日2回、7日間内服する治療法です。(一時的におなかがゆるくなることが多いため整腸剤も出すことが多いです)内服終了後4週間ほどあけて、お薬の影響がきれたタイミングで除菌できたかの評価をします。耐性菌のため除菌できなかった場合でも、二次除菌療法をすると、ほとんどの場合で除菌できることが多いです。
除菌するにあたって注意することはありますか?
確実にピロリ菌を除菌するために、処方された薬は必ず内服するようにしてください。自分の判断で内服を中止すると、抗生剤の効きにくい薬剤耐性をもったピロリ菌があらわれることがあります。
内服終了後に行う、除菌できたかの判定は必ず受けるようにしましょう。成功したと思っていても、実はピロリ菌が残っているケースが見受けられます。
除菌療法の副作用にはどんなものがありますか?
軟便・下痢、味覚異常、肝機能障害、発疹やかゆみなどのアレルギー症状があらわれることがあります。
副作用があらわれたらどうすればいいですか?
軽いもの:軟便・軽度の下痢などの消化器症状、味覚異常の場合は、自己判断で内服の量や回数を減らしたりせず、最後までのみきりましょう。
重いもの:発熱や腹痛を伴う下痢、下血、発疹などの場合は、すぐに内服を中止し医師に相談してください。
一度除菌したけど、再感染する可能性はありますか?
除菌治療成功後の再感染率は、年間1%未満と報告されておりほとんどありません。胃カメラ検査時にピロリ再感染を疑う所見を認めた場合などのみ、ピロリ菌の有無を再度検査することになります。
ピロリ除菌をするにあたって胃カメラは必ず受けなければなりませんか?
ほぼ必須となります。保険診療でピロリ除菌する場合は、ピロリ菌の存在が証明されていることと、胃炎や消化性潰瘍、早期胃がん治療後などの条件があります。そのうち、最も多い胃炎は“内視鏡検査によって胃炎の確定診断がなされた患者”が対象と通達されています。消化性潰瘍については内視鏡またはバリウム検査での診断で可能ですが、その場合に問題になってくるのが胃がんではないかということです。内視鏡検査をすることで良悪性の判断や組織検査などができますので、通常は内視鏡検査が必要な状況になります。
受診される半年以内のものであれば、他院でのものや健康診断・人間ドックなどの結果を持参頂いてもかまいません。
PAGE TOP